エンジンとタイヤ

エンジンとタイヤのこと

エンジンとタイヤ header image 2

ランラットタイヤの寿命とポイント

2015年07月22日 · コメント(0) · 未分類

タイヤ交換は車を維持していくうえで大きな出費の一つです。しかし、タイヤは車に乗っている人の命を守るためや車の安全性を高めるためにはとても重要な部分です。そのため、安全なタイヤを選びたいと考える人が多いでしょう。冬の雪道を安全に走るスタッドレスタイヤ、燃費を向上させるエコタイヤなど様々なタイヤの種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。その中でもランフラットタイヤはタイヤにくぎなどが刺さっても一定の距離を走ることができるという特徴があります。通常のタイヤの場合くぎなどでパンクした場合タイヤの空気が抜けてしまい走れなくなってしまいます。そのため、パンクした時点でスペアタイヤなどに切り替えて修理工場まで走らなければなりません。しかし、このタイヤは一定距離パンクした状態でも走ることが可能なのでスペアタイヤなどの交換をせずに修理工場まで走ることができます。スペアタイヤへの交換が不要なため、スペアタイヤが必要なく積載しなくてよくなります。このスペアタイヤの不要なことで、積載量が軽減され燃費の向上や省資源につながります。現在ではBMWやレクサス、日産などの車に装備され普及してきているタイヤです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。