エンジンとタイヤ

エンジンとタイヤのこと

エンジンとタイヤ header image 2

エンジンオイルにおける粘土と等級

2015年07月22日 · コメント(0) · 未分類

観葉植物03車のエンジンオイルには、性能をあらわす表記がいくつかあり、車にあった、車の使い方にあったエンジンオイルの選定が必要です。その中で性能の指標のうち、粘度はアメリカの技術協会によって分類され、10w-30などと表記されます。まず前半の数字が小さいほど低温で固まりにくくなります。後半の数字は、高温時を表しています。数字が高いほどオイルが固くなります。等級は、API規格とILSEC規格の2の種類があります。使用するオイルは、車にある、取扱説明書やマニュアルに記載されていますので、オイル交換の際などに確認するようにしましょう。オイルのグレードには使用可能な温度の範囲が狭い、シングルグレードオイルと、使用可能温度の幅が広いマルチグレードオイルがあります。オイルは低燃費性能の高いエンジンオイル、スポーツ走行、高回転エンジンのエンジンオイル、レース走行チューニングエンジン、極限使用下のエンジンオイルと使用する車、用途に応じて選ばなけらばいけません。エンジンの血液ともいわれエンジンにとってとても重要な潤滑油であるオイル、エンジンオイルについて知って、的確なオイルの管理を行い、常に最良な状態で、車が利用できるようにしましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。