エンジンとタイヤ

エンジンとタイヤのこと

エンジンとタイヤ header image 3

エンジンオイルとタイヤ交換をこまめにする理由

花08車を長く、そして安全に運転、作動して利用するために気をつけないといけない点が幾つかあります。
自動車学校でも習う、運行前点検。そして、定期点検が義務付けられています。
車には様々な部品があり、やはりこれらの部品も定期点検と交換が必要になります。
特に交換頻度として多くなるのが、エンジンオイルとタイヤ交換が多くなります。
タイヤ交換は、タイヤの磨耗や劣化もありますが、釘を踏むなどによるパンクもよくあります。
タイヤ交換定期定期に行うことで劣化によるパンク、バーストを未然に防ぐことが出来ます。
タイヤが悪いとハンドルを取られることもあり、非常に危険になります。

また、オイルは文字通り、エンジン内部のシリンダーの動きをスムーズにするためのオイルとなります。
走行距離や経過月数を目安に交換を勧められますが、交換前後のオイルを見ると明らかに違いに驚きます。
エンジンは車のいわば、心臓であり、オイルは血液にたとえられます。サラサラの血液で心臓の負担をなくして、長持ちさせながら、燃費効率も変わってきます。
タイヤやオイルはどちらも車の安全を確保するには、いずれにしても、運転するあなた、そして同乗者だけでなく、周りの方々の安全を確保するために定期的な交換が必要です。